2014年08月11日

SIG P226E2 Mk25化 その2

昨日は今月唯一のサバゲの予定でしたが
台風のせいで中止になってしまいました…。
1ヶ月サバゲしてなかったのに中止になってしまったので
2ヶ月サバゲをやらない事が確定になってしまいガッカリです。
まぁ、天候はどうにも出来ないので仕方ないですね!


それでは前回の続きをやっていこうと思います!
前回の最後にも書きましたが、今回E2をMk25化するにあたってP226Rを用意しました!

「P226R買ったんなら、そのまま226R使ってMk25作ればいいんじゃない?」って思われる方もいるかもしれませんが
E2に搭載されているショート・リセット・トリガー(SRT)が使いやすいのでどうしても移植したかったんです。

この機能は簡単に言うとトリガー引ききり状態からシアが掛かるまでのトリガー戻し量を226Rより短くする事によって
連射をしやすくする機能です。
実銃でもE2から搭載なんでMk25には無い機能ですが
サバゲでの使いやすさも求めて移植していきたいと思います!


分解方法は前回書いたので省略しますが
226Rも同じように1度バラバラに分解します!

Mk25化するにあたって226Rのグリップを使うんですが
E2は元々ネジの無いグリップなので
226Rのグリップのネジを止める金具がフレームに付いていません!
参考画像(分解中の写真取り忘れたので完成後の写真ですが、グリップ部分の違いが分かってもらえれば…

なので、今回は226RのフレームにE2のトリガーやハンマー等内部メカを総移植です!

移植はハンマースプリングとシルバーのパーツ以外はE2の物で
226Rのグリップ付けるためには226Rのハンマースプリングとシルバーのパーツが必要なので
そこだけは226Rの物を使用しました。

すべてのパーツを分解方法と逆の手順で組み上げてフレーム側は完成です。


続いてスライド
スライドはキャロムショットのブラックスチールを使って塗装ました。
ブラックスチールはいい具合にグレーがかった色なのでMk25のスライド色に近いんじゃないかと思い採用しました。
左が塗装したスライド、右が純正

このスプレーは塗膜も強いし、擦れると金属のような質感もでてくるのでオススメです!


スライドの塗装が終われば組み立てですが
分解ついでにアルミアウターに変えてしまおう!って事でガーダー製のアルミアウターに交換

インナーバレルも目立たないように先端を塗装

外したパーツを戻してスライド側も完成!


ついにMk25の完成です

Mk25作るのにSIGを2丁買うはめになりましたが
個人的に満足なので良しとしよう!



最近ガバも欲しくなってきたので、次はガバでも弄れればいいなぁと思っています!
でもガバこそ弄り始めたらキリが無い気もするなぁw


ってことでSIG P226E2のMk25化でした!




ではでは〜!



















タグ :Mk25SIG P226

同じカテゴリー(SIG P226)の記事画像
SIG P226E2  Mk25化 その1
SIG226 E2  NAVYカスタム Mk25化
SIG P226 E2 ブラスト加工
同じカテゴリー(SIG P226)の記事
 SIG P226E2 Mk25化 その1 (2014-08-09 03:32)
 SIG226 E2 NAVYカスタム Mk25化 (2013-07-02 09:32)
 SIG P226 E2 ブラスト加工 (2013-06-05 01:39)

Posted by Maybe SEALs  at 04:55 │Comments(2)SIG P226

この記事へのコメント
MK25は完全なピカティニーレールに
なっているので、現状ですと
マイチェン後の226Rになりますね。

レールをフラットにしましょう。

ではでは
Posted by 通りすがり at 2014年08月19日 15:50
通りすがりさん

情報ありがとうございます!
確かにレールの形状が違いますね!

今度トライしてみますw
Posted by Maybe SEALsMaybe SEALs at 2014年08月21日 02:11
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。